豊臣秀吉が肥前名護屋城に陣を構えたころ、将兵の士気を高めるため、加藤清正・福島正則の両陣営を東西に分け、軍船のとも綱を使って綱を引かせたことから始まったという伝統ある祭りです。

町内を「岡組」、「浜組」に分け3回勝負を行い、岡組が勝てば豊作、浜組が勝てば大漁と言い伝えられています。
こども綱は6月1日13時から、おとな綱は6月2日13時から開催されます。

大綱引フォトコンテストも開催されますので、ぜひご応募ください。

昨年の写真

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です